三島市民ポータル

三島市子育て支援サイト

三島市民ポータルサイト > 三島市子育て支援サイト >
三島おやこ劇場の絵日記 > 2017年3月の記事

小さな人に生の舞台を!感性は知性の土台

 ☆拍手☆:5  
    ※この記事を見て「いいな」、「面白いな」、「興味がある」と思った人は、[拍手する]ボタンを押してください。
(拍手は1日1回することができます)

2017年3月2日掲載

※写真をクリックすると写真を拡大表示します。

永野むつみ子育て講演会、たくさんのお母さんたちと聴きました。

今の時代、「この子をどう育てようか」と思う親は多い、と永野むつみさん。

私もそう思っていました。ピアノがひけたらいいな、とか、勉強もちょっと頑張らせようかな とか。
「こんな子になってほしいな〜」という願いも大事ですよね。


でも、永野さんは、
「この子は何者か?」と思うことが、子育てには必要。
それは、「この子は人見知りなんですー」なんて評価をすることではありませんよ・・・と。

この子は今 何を感じているのか 何を思っているのか
日々の子育ての中で、ちょっと立ち止まってわが子の顔を見てみる
わが子に聞いてみる
それが大事!  ・・・そんな話をされました。

今はグローバルな時代、多様性を尊重していこうという姿勢
その原点は、お母さんが日々子育てしているささいな出来事の中にある
わが子がどう育っていくかは、お母さんのあたたかいまなざしの中にあるんじゃないかな

そんな風に感じました。


ぜひ、永野むつみさんの人形劇を観にきてください!お見逃しなく!

●『こいぬの兄妹 チップとチョコ』
2017.3.4(土)16時〜(40分)
三島市生涯学習センター 3階

子どもは感性のかたまり!ミラーニューロン!

 ☆拍手☆:−  
    ※この記事を見て「いいな」、「面白いな」、「興味がある」と思った人は、[拍手する]ボタンを押してください。
(拍手は1日1回することができます)

2017年3月10日掲載

※写真をクリックすると写真を拡大表示します。

(写真は、ぶどうサークルが作った「チップとチョコ」 例会当日会場に飾ってくれました♪うれしいね)


どいかやさんの人気絵本シリーズの人形劇!楽しかったですね。
人形劇団ひぽぽたあむの『チップとチョコ』を観ました。

子どもは感性のかたまり!

マフラーのことで兄妹げんかになり、妹のチョコが「うわぁ〜ん」と泣き出すと、会場からも「うわぁ〜ん!」と未就園児の泣き声が・・・


舞台の登場人物が泣いたりすると
自分が泣いたわけではないのに、脳は自分が泣いたのと同じ働きをするのだそうです。
ミラ―ニューロン というそうです。


子どもは、感覚をフルに使って舞台をみているんですね。




(2017年3月4日 生涯学習センター 多目的ホール)