三島市民ポータル

三島市子育て支援サイト

三島市民ポータルサイト > 三島市子育て支援サイト >
三島おやこ劇場の絵日記 > 2016年11月の記事

おひざの子たち・・・どっちなら、のるの?

 ☆拍手☆:8  
    ※この記事を見て「いいな」、「面白いな」、「興味がある」と思った人は、[拍手する]ボタンを押してください。
(拍手は1日1回することができます)

2016年11月2日掲載
どっちなら、のるの?
どっちなら、のるの?

※写真をクリックすると写真を拡大表示します。

ちょっといいなぁ、と思ったエピソード きいて!きいて!

シキ(3歳)とユウキ(3歳)のおはなし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「たき火でコンとおとまりポン」のキャンプで、長縄を使って電車ごっこをはじめたシキ。

シキ 「しんかんせんで〜す。のりますか〜?」

お母さんにだっこしているユウキに声をかけた。

ユウキ「ダンプカー!」

シキ 「・・・。 ダンプカーで〜す!」

ユウキ「ショベルカー!」

シキ 「・・・。 ショベルカーで〜す!」

それでも、お母さんのだっこからおりてこないユウキを見上げて、
シキしばらくの沈黙。

どうするのかな? どうしよう?と思いながら見ていると

シキ 「どっちなら のるの?」 とやさしく声をかけた!

ユウキと一緒にあそびたくて 気持ちに寄り添って 声をかけているその姿に感動。

声をかけられたユウキは、結局お母さんにだっこしたままだったけど、
その表情はニコニコして うれしそうな様子。

あったか〜い気持ちになる 3歳ふたりのやりとりでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この話をうれしそうに話してくれたのは、中学生のお母さんでした。

ここの場面には、シキのお母さんも ユウキのお母さんもいました。

でも、だれも 「早く乗ってあげなよー」とは言いませんでした。

子どもたちの気持ちに寄り添いながら どうするのかな? とただ見守っていました。

子どもはどんなにちいちゃくても 自分の意志(気持ち)を持っています。
そこにいたおとなが、むやみに介入しないで、二人の気持ちをちゃんと保障してあげていました。

「子どもが、ひとりひとりをちゃんと感じながら あそぶ! かかわる!」
ことを これからも おやこ劇場は大事にしていきたいです。