三島市民ポータル

三島市子育て支援サイト

三島市民ポータルサイト > 三島市子育て支援サイト >
三島おやこ劇場の絵日記 > 2018年3月の記事

おひざの赤ちゃん、なんのお話してるかな?

 ☆拍手☆:2  
    ※この記事を見て「いいな」、「面白いな」、「興味がある」と思った人は、[拍手する]ボタンを押してください。
(拍手は1日1回することができます)

2018年3月2日掲載
なんのお話してる?
なんのお話してる?

※写真をクリックすると写真を拡大表示します。


おひざクラブは、0〜3歳の子どもとお母さんの会。

お母さんたちがわいわいおしゃべりしている輪の中で、
赤ちゃんたちは自由に動き回っている。

もう一人の赤ちゃんに興味津々のアオバ(8か月)。
突進していく!

この2人、言葉はまだないけれど、何かお話しているようにも見えるね。

まだちっちゃいけれど、ちゃんと気持ちがある。

自己肯定感?まんまだね!

 ☆拍手☆:7  
    ※この記事を見て「いいな」、「面白いな」、「興味がある」と思った人は、[拍手する]ボタンを押してください。
(拍手は1日1回することができます)

2018年3月3日掲載
楽しいこと、やらずにはいられないおひざの子どもたち
楽しいこと、やらずにはいられないおひざの子どもたち

※写真をクリックすると写真を拡大表示します。

自己肯定感は大事だよね、ってよく言われるけど・・・
自己肯定感って、どうやって育まれるのかなぁ?

ある日、事務局でそんな話をしていた。


水口:「子どもの気持ちを尊重する ってことじゃない?」

小野:「でも、子どもの気持ちを尊重しよう!って
    言ってること自体、親は子どもの一段上に
    たっているんじゃないかな。
    まんま なんだよ。
    大人とか子どもとか関係なく、
    どっちが上とか下とかでなく、ありのまま!」

水口:「あ〜・・・まんま ね。」

小野:「そう! あー、そうかぁ、あなたはそう思ったのね」というまんま!

水口:「口だけで大人が言っても、きっと子どもは見透かしてるかも。
    どれだけ、心から あ〜そうかぁ って思えるか…だね」


なんだかわかったようなわからないような…
でもそんなことを誰かと話をするのって楽しい♪
いっぱい話そう!