三島市民ポータル

三島市子育て支援サイト

三島市民ポータルサイト > 三島市子育て支援サイト >
三島おやこ劇場の絵日記 > 2018年5月の記事 > おやこまつりB 「気持ち」を積み重ねて人生を歩いていく

おやこまつりB 「気持ち」を積み重ねて人生を歩いていく

 ☆拍手☆:3  
    ※この記事を見て「いいな」、「面白いな」、「興味がある」と思った人は、[拍手する]ボタンを押してください。
(拍手は1日1回することができます)

2018年5月27日掲載
自分たちが考えたクイズだよ!みんなやりに来て〜♪
自分たちが考えたクイズだよ!みんなやりに来て〜♪

※写真をクリックすると写真を拡大表示します。


子どもたちは、いろんな「気持ち」をつみ重ねながら、自分の人生を歩いていく。
おやこ劇場では、子どもたちひとりひとりのそんな「気持ち」を大事にしたいな、って思っています。


おやこまつりが終わって、準備から当日までの子どもたちの様子を親たちみんなでいろいろ話していた・・・

梅原:まつり前日、みんなで準備してた時に、子どもたちが景品をつけたいって話になって…
   じゃあ持ち寄ろうねって言ったら、折り紙やアイロンビーズ
   とか当日いっぱい集まって・・・
   子どもたち、一年かけて集めてたんだなぁって思って…

小野:「今度のおやこまつりで使えるかなぁ」って、思ってたって
   ことだよね〜、一年間。
   子どもたちには「やりたい気持ち」があったんだねー

梅原:うん、でもみんな前日にしか集まれなかったから、
   とにかく、パーーってやっちゃって・・・

小野:子どもたちは一年かけて景品集めてたのに、親たちは一日?
   ひどくな〜い?

三浦:あ〜、たしかに・・・

梅原:そうだよねぇ、なんか、もったいなかったかな・・・


親たちは忙しい日々を送っていて、親目線で、親主導で物事を進めがち、
「子どものやりたい気持ち」をおいてけぼりにしてしまうことも・・・

けれど、子どもの表情・ことば・様子を こうかな?ああかな?
ってみんなで話し合うことで、
「そっかぁ…〇〇ちゃんは、こうしたかったんだ〜」
って、気づいたり
「やっぱり、□□くんは、こう思ってたんだ!」
って、あらためて受け止めることができたりする。

みんなで話すって、やっぱりいい!

これからも、
心をとめて、ていねいに子どもたちの気持ちをみてみよう! と思う。


【ホームページアドレス】https://mishima-life.jp/mishimaoyako/index.html

【連絡先】三島おやこ劇場 事務局 055-981-2761(火・水・金10〜15時)