三島市民ポータルサイト

トップ > ホーム

アクセスカウンター 回目の閲覧、ありがとうございます。

『生の舞台をみんなで観て、泣いて、笑って、一緒にあそぶ』
この繰り返しの中で、子どもの心は豊かに育っていきます。
       おやこ劇場は、心の栄養です。

おやこ劇場は、生の舞台芸術を観ながら、子どもたちの豊かな感性を育んでいこうという会です。1966年に福岡のお母さんたちの手で生まれ、全国各地に拡がりました。
仲間と一緒に舞台を観て、あそびが拡がったり、語り合ったり…
それは「感じる心」を育み、「考えるおもしろさ」を知ることにつながります。
心動く体験をたくさん重ねて豊かな子ども時代を過ごしてほしい。
そう願いながら地域でつながって活動しています。



いろんな活動の様子♪ ブログ(絵日記)より 
 ★子どもキャンプの様子 こちら→
 ★おひざクラブの様子 こちら→
 ★例会の様子はこちら→


合同例会『小さい”つ”が消えた日』オールスタッフ/イッツフォーリーズ公演


文字にもたましいが宿っています。個性豊かな文字たちは五十音村に住み、毎日元気に仕事をしています。
ある日、小さい”つ”は「音がないから文字ではない」と言われ、村を飛び出した!走って、走って・・・
ひとりになって、出会ったものは・・・
小さい子から大人まで、心ゆさぶる生の舞台をみんなで楽しみましょう!

【日時】2018年1月28日(日)開場17:30 開演18:00 
【会場】三島市民文化会館 小ホール
【対象】すべての子どもとその親
 ※この例会は、会員になってからみてね!
  または、ひとり3800円(4歳以上)で観ることもできます。



青B企画 新春!コマ祭り!! 〜お友だち誘って、サークルであそぼう♪〜


青年たちが企画した「こまあそび」
こまって、何度も何度も「うまく回せな〜いっ」って言いながらも、自分のチカラで体得していくもの。
サークルみんなで、身近なあの子 も誘って、一緒に楽しんじゃおう!
大人も楽しむよ!!
詳細は、後日お知らせします。
会員外さんは、お近くの会員さんに聞いてね!
または事務局まで!


『ともだちや〜あいつもともだち〜』・・・心がワクワクどきどきしました♪


(写真は、こどもたちが『ともだちや』のイメージを考えて、みんなでつくったもの)
生の舞台って、やっぱりいいですね!
劇団うりんこの『ともだちや』…子どもたちは自由に感じながら観ていました。
役者さんが音楽に合わせて踊るシーンでは、3歳の子がママのおひざで一緒になって体を動かしていました。
楽しかったのかな♪

 ★子どもたちの様子 こちら→
(2017.11.3 コミュニティながいずみ)