三島市民ポータルサイト

トップ > ホーム

アクセスカウンター 回目の閲覧、ありがとうございます。

『生の舞台をみんなで観て、泣いて、笑って、一緒にあそぶ』
この繰り返しの中で、子どもの心は豊かに育っていきます。
       おやこ劇場は、心の栄養です。

おやこ劇場は、生の舞台芸術を観ながら、子どもたちの豊かな感性を育んでいこうという会です。1966年に福岡のお母さんたちの手で生まれ、全国各地に拡がりました。
仲間と一緒に舞台を観て、あそびが拡がったり、語り合ったり…
それは「感じる心」を育み、「考えるおもしろさ」を知ることにつながります。
心動く体験をたくさん重ねて豊かな子ども時代を過ごしてほしい。
そう願いながら地域でつながって活動しています。



いろんな活動の様子♪ ブログ(絵日記)より 
 ★子どもキャンプの様子 こちら→
 ★おひざクラブの様子 こちら→
 ★例会の様子はこちら→


もうすぐ! 小4以上例会『ちゃんぷるー 〜私が幽霊?修学旅行〜』


中高校生・青年・お母さんたちと共同制作した作品。
沖縄を語るのではなく、沖縄を見ることで自分たちのことを見つめなおす子どもたち。
笑えない自分、人との距離感がつかめない自分、あきらめている自分・・・
旅の先で出会った同じ年の女の子により、華蓮は変われるのだろうか?愛梨は変われるのだろうか?

【日時】2018年11月24日(土)18:00〜
【会場】清水町地域交流センター 多目的ホール
【対象】小学4年生以上の親子
※例会は、会員になられてからお楽しみください
※入会しなくても、3か月会費&入会金200円で観ることもできます。


例会『おもしろげきじょう』 あったかい笑いにつつまれました!


楽しい人形劇で、会場があったかい笑いに包まれました!
 

子どもたちの様子は、また後日♪

 (2018年10月28日 中郷文化プラザ 多目的ホール)


『サーカスの灯』…みんなでどきどきワクワク、いっぱい笑いあったね♪


(写真は、終演後のプレゼントを渡しているところ)

目の前で繰り広げられるクラウンたちのコミカルでポエジーな動き!
ドキドキ、ハラハラ、ワクワク・・・心をくるくる動かして思いっきり楽しみました。
小さな子から、小〜中・高校性、大人まで、ぎゅう〜っと一緒にみるって、なんかいい!

 ★受付担当サークル 子どもたちの様子→


(2018.7.22 清水町地域交流センター)