三島市民ポータル

三島市子育て支援サイト

三島市民ポータルサイト > 三島市子育て支援サイト >
三島おやこ劇場の絵日記 > 2017年2月の記事 > 「感じること・育つこと」ちっちゃな人が生の舞台を観るって、何がいいの?

「感じること・育つこと」ちっちゃな人が生の舞台を観るって、何がいいの?

 ☆拍手☆:3  
    ※この記事を見て「いいな」、「面白いな」、「興味がある」と思った人は、[拍手する]ボタンを押してください。
(拍手は1日1回することができます)

2017年2月7日掲載

※写真をクリックすると写真を拡大表示します。

永野むつみさんは、たくさんの人形劇をとどけながら、たくさんの親子に出会ってきました。
親も子も忙しい、そんな時代だからこそ、生の舞台を親子で一緒に観てほしい!と永野さんは言います。

生の舞台?
・・・うちの子ちゃんと座っていられるかしら
・・・まだ小さいから、みたってわからないと思う

うんうん、そうですよね、私もそう思っていました。

でも、おひざクラブで0〜3才の子たちと一緒にあそんでいて、あーっ
って気が付いたの。

月齢が小さくなればなるほど、子どもの目つきが全く違う

0歳の赤ちゃんは、この世のすべてを吸収しよう!・・・そんな目。
まだ経験値がない分、貪欲?に
脳がスポンジのようになんでも吸収しようとしているみたい。

このスポンジの時に、

あったかいひととのかかわり、
五感にひびく舞台芸術

に出会ってほしい。

まぁそんなかたっくるしいことはおいといて、
子どもをおひざの上にのっけて、一緒にあたたかい楽しい時間を過ごしてほしいな、って思います。


話はもとに戻りますが、この講演会は三島市の子育て補助事業ですので無料です。(先着30名 お早めに!)

これを機会に、「生の舞台が、子どもになんでいいんだろう」って、一緒に考えてみませんか♪

    拡大表示   中央

【地図の場所】

【ホームページアドレス】https://mishima-life.jp/mishimaoyako/index.html

【連絡先】三島おやこ劇場 事務局 055-981-2761(火・木・金10〜15時)