三島市民ポータルサイト

トップ > シニア倶楽部「お花の会」

令和6年3月 の様子です

遊歩道が市によって整備されました


花壇の様子(令和4年8月)

「お花の会」発足経緯

令和3年4月 柳郷地中央通りから県道へ出る交差点両脇の植栽5か所を、県に撤去いただきました。
これは、横断歩道を渡る小さな子供が車から見えづらくなっていたためです。しかし、そのままでは防草処理(コンクリートで被うなど)が施されて殺風景な街になってしまいます。
そのため自治会で検討を重ね、自治会シニア倶楽部の「お花の会」(お花ボランティア)の活動として花壇にすることにしました。
R3年9月現在、10名の方が参加されています。


静岡県のアダプトロード・プログラムへ参加(2022.9.2更新)

これは、静岡県がまちの美化につとめる住民活動や団体などに県道の美化を委託するプログラムです(adopt : 養子にする road : 道)。
 
静岡県アダプトロード・プログラムのホームページ  
 
県の負担でボランティア保険にも加入でき、安心して活動することができます。
静岡県、三島市と「お花の会」とでプログラム参加への同意書を締結しています。
範囲は東の「(株)リックス」さんから西の「焼きまる」さんまでの県道沿いです。

2022.01.06 工事があり「柳郷地自治会シニア倶楽部お花の会」の名前の
入った県アダプトロードプログラムの看板が立ちました。
色が白黒なのは、周囲の景観を損ねないためだそうです。
 
また「三島市のガーデンシティみしま」にも参加しています。
2022年9月には、その看板も設置されました。
 


活動履歴(写真は令和4年夏 の武士自動車さんの県道側のポーチュラカです)


2021年 8月 ポーチュラカを植え付け
     11月 ポーチュラカを撤去し土壌改良
     12月 ビオラ、ミニ金魚草、白妙菊を植え付け
2022年 1月 県アダプトロードプログラムの看板設置
      1月 ビオラなどをアダプトロードプログラムの看板の
         植栽桝へ植え付け
2022年 5月 植栽撤去、残花は配布
         土壌作り
2022年 6月 ジニア、サルビア、ビンカ、コリウス、ベゴニアを植付け
2022年 7月 武士自動車の県道側をお借りしてポーチュラカ植え付け
2022年 9月 三島市によるガーデンシティ三島の看板設置
2022年12月 県道沿いの植栽桝5か所に、ビオラ、金魚草を植え付け
2023年 5月 お花を撤去し、土作り、市道沿いを清掃
2023年 6月 ジニア、ビンカ、サルビア(青)、コニア、ベゴニアを
         植え付けしました
2023年11月 パンジー、ビオラなどを植え付けました
2024年 5月 花壇の土作りをしました。6月に市よりお花が届きます