三島市民ポータルサイト

トップ > 三島グロリア合唱団

団体名:三島グロリア合唱団 (三島市合唱協議会加盟団体)


声種:混声  団員数:60人  地区:三島市
指揮者:八尋 和美  団長:月野 義識 
ピアノ奏者:山本 まどか
練習日時:毎週木曜日 午後6:45〜9:00(八尋和美先生)
ヴォイストレーニング:月1回(女声:三塚直美先生、男声:田代和久先生)
練習場所:三島市民文化会館リハーサル室 または
     三島市民生涯学習センター3階講義室
会費:入団費3,000円  会費月額4,000円、学生2,000円

見学は随時受け付けています。

連絡先
メールアドレス mishimagloria@ny.thn.ne.jp
ホームページ  http://web.thn.jp/glorianet/gloria/


 1979年(昭和54年)5月、三島地区合唱協議会結成10周年を記念しヴィヴァルディの《グローリア》を歌う会が発足。同年11月、この演奏会が成功裏に終わり「三島でもオーケストラと共演できる合唱団を立ち上げよう!」という機運が高まり[三島グロリア合唱団]してスタート。
 現在、静岡県東部を中心に、県内はもとより首都圏からの団員も加わり、老若男女約60名が在籍する混声合唱団です。団長に月野義識先生、練習ピアニストに山本まどか先生という地元指導スタッフを核に、1992年から東京混声合唱団創立メンバーで同団正指揮者の八尋和美先生を常任指揮者に迎え、毎週、和気あいあい、二時間があっと言う間に過ぎる熱のこもったご指導をいただいています。
 また、月に一度のヴォイストレーニングでは、女声は三塚直美先生、男声は田代和久先生より、発声の基本である「ノドに耳に優しい声作り」から曲目に応じた応用実践編まで、楽しいレッスンを受けています。
 活動は、週に一度(木曜日夜)、文化会館リハーサル室または生涯学習センター講義室での練習を中心に、年に一度の定期演奏会を発表機会の柱に据えています。その他、三島市の「第九演奏会」、「オペラ・ガラ・コンサート」、「靜響せせらぎコンサート」等の地元音楽イヴェントへの参加、福祉施設や小中学校への訪問演奏会等々、地域の合唱団として活発な活動を続けています。
 2010年、30年にわたるこれらの活動が評価され、静岡県文化財団より[第23回地域文化活動奨励賞]を受賞。レパートリーは古今東西の合唱の名曲から、演奏スタイルは大編成オーケストラとの共演、ピアノや小アンサンブルでの演奏、ア・カペラ(無伴奏)演奏と様々。
 先月7/11(日)、コロナ第4波の感染の波が引いたその間隙をぬって、「これからも続くであろうコロナとの日々を勇気と希望をもって共に歩んでいこう!」とのテーマのもと、第38回定期演奏会を開催いたしました。
プログラムは、これまで団の歩みの節目、節目で取り上げてきたロマン派の作曲家、メンデルスゾーンの《詩篇42番》と《讃歌》、共に彼の人生、作品群の中においてエポックを画す作品です。いつにない様々な感染予防対策にご協力くださいました400名のお客様と、音楽の魅力、癒やしの力を再確認させていただきました。当初、原曲通り、オーケストラとの共演のはずでしたが、ステージ上の[密]を避けるために、ピアノとオルガンでの演奏となりました。コロナ終息のあかつきには、こんどこそ、フルオ−ケストラと共にマスク無しで演奏したいと願っております。
 今後の予定といたしましては、10/31の三島市芸術祭、12/26の三島市制80周年記念・三島市民文化会館開館30周年記念《第九》演奏会に参加いたします。
 次回定期演奏会につきましては、J.S.バッハの《ミサ曲 ト長調》(BWV236)他のプログラムで、来年、2022年暮れの開催を予定しております。
 見学参加はいつでも大歓迎です! お気軽にお出掛けください。