三島市民ポータルサイト

トップ > 活動について

設立までの経緯

☆平成25年度 北中学校(学校評議員)より市へ実施の相談があり、モデル校として先生、保護者、中3生徒対象に3回実施。
テキストは、ニーズに応じて作成したオリジナル資料。
☆平成26年度 モデル校のテキストを利用して北中以外の学校で実施(中学校2校、小学校2校)
☆平成27年度 中学校1校、小学校2校、PTAなど3団体
(平成27年度までに延べ670人対象に実施)
☆平成28年度 中学校5校、小学校7校、三島市地域活動連絡協議会など4団体延べ21回 2,480人対象に実施。
☆平成29年度 高校1校、中学校5校、小学校11校、保護者1校、延べ26回 3,631人対象に実施。
☆平成30年度は、小学校10校12回、中学校3校8回実施予定。

☆今後もニーズが見込まれるため、講師の数を増やし、常に新しい情報が提供できるように、また相談場所の受け皿となる体制作りをするために平成28年度に設立。

☆その後、市が親と子のスマホ・SNS安心情報ネットワーク会議の体制を設立。


講師構成

【講師 31人】
人権擁護委員(含 弁護士) 8人
民生委員・主任児童委員 7人
ICTみしま 8人
家庭教育アドバイザー 1人
三島市役所(障がい福祉課、情報政策課など) 7人


講師資格

(1) 静岡県ケータイ・スマホルールアドバイザー(主催 静岡県教育委員会)31人
(2) eネットキャラバン講師(主催 総務省)1人
(3) SPREADサポーター(主催 一般社団法人セキュリティ対策推進協議会)6人


一般社団法人セキュリティ対策推進協議会(SPREAD)との協働

誰もが安心してICTを活用できる社会作りを目指し、「置き去りにしないセキュリティ」の実現のために活動している一般社団法人セキュリティ対策推進協議会(SPREAD)の趣旨に賛同し、法人特別会員として協力しています。

SPREAD