公開中の絵日記一覧

※画像または記事タイトルをクリックすると詳細を閲覧できます。

三島市ふるさとガイドの会

三島市民ポータルサイト >
三島市ふるさとガイドの会の絵日記 > 2018年5月の記事 > 第27回ふるさとみしま歴史探訪を開催しました

第27回ふるさとみしま歴史探訪を開催しました

 ☆拍手☆:3  
    ※この記事を見て「いいな」、「面白いな」、「興味がある」と思った人は、[拍手する]ボタンを押してください。
(拍手は1日1回することができます)

2018年5月25日掲載
三嶋大社 大クスノキ
三嶋大社 大クスノキ

北高正門入口 ソメイヨシノ

※写真をクリックすると写真を拡大表示します。

5月20日(日)、好天に恵まれ「第27回ふるさとみしま歴史探訪」を開催しました。
大勢のご参加ありがとうございました。

今回は、まちなかの "この木!なんの木!気になる樹!を見て歩こう" という企画で、5つのグループに分かれ三島市役所を出発。
三島市役所、楊原神社境内、誓願寺境内、三嶋大社境内、三嶋暦師の館庭、願成寺境内、日大通、北高正門入口、愛染院溶岩塚、楽寿園内の巨樹・古木を見て歩きました。

ケヤキ、クスノキ、サクラ等の緑が鮮やかで、誓願寺境内ではユリノキの黄色い花、三嶋大社の芭蕉句碑の近くではセンダンの薄紫の花も見られました。
三嶋暦師の館の庭ではタイサンボクの大きな白い蕾が1つ風に揺れていました。開花も間近のようです。